石窯レポート:YT様(耐火レンガ製ミニ石窯キット)

DSCF3854DSCF3856DSCF3857

使用キット:「耐火レンガ製家庭用ミニ石窯キット

はじめまして。貴社の家庭用ミニ石釜キットを購入して2回ほどピザを焼いてみましたが、奥行が600mmなので炭を奥の方に押しやって焼くとなかなかうまく焼けずピザの土手だけが黒焦げする失敗をしました。そこで耐火レンガを買い増し、奥行を900mmに広げたところ、うまく焼けるようになりました。

温度上げに苦労していますが、最後方に煙突をつけたら、薪が燃えやすくなるのではないかと思案中です。ご指導ください。孫たちも週末になるとピザを楽しみにしています。今のところ、ピザだけしか焼いていませんが、気候が良くなるとほかの料理にもチャレンジしたいと思っています。

(薪クラブより)
この度は石窯レポートのご提出いただきまことにありがとうございます。ご自身で拡張されたとのこと、参考になりました。

小さな石窯は特にレンガに蓄熱させるイメージを強くして焚き上げを心がけると良いでしょう。空間温度が到達しても、容積が小さいとレンガの蓄熱が弱い場合は冷めが早く、上手く焼けません。予熱に燃料と時間を十分とってチャレンジしていただければと思います。

煙突の位置は最後方はかまど方式で薪は良く燃えますが効率が良くありません。石窯は蓄熱、滞留が大事ですから、煙突は前方に、天井よりも低い場所から設置するようにされると良いでしょう。(構造を考えるのが少々難しいですが)